HiHi Jetがこわい

いやーーーーこわい。こわいこわい。HiHi Jetこわい。なんか気がついたら毎日ハイハイのこと考えてしまって止まらなくなってるので全然脈絡がないのですがブログをかきます。4人のことをほぼほぼ知らなかった・・・・というか今ですらまだまだ知らないこと山いっぱいあるのですが、ミリしらがセンチメートルくらいは知ってる、くらいになったという感じでメンバーの印象ビフォーアフターを書き連ねようと思います。
例によって知識がないのに衝動のまま書いているので「これは違うよ!」みたいな失礼があったらすいません・・・・先に謝る・・・・。

 

井上瑞稀さん

 

Before→むかしからいるローラースケートがうまい子、見るたびにでかくなってる、顔がちいさい
After覇王、ダンスがめちゃくちゃにつよい、なんでもできる

みずきさんはご存知のとおり入所して長いので存在は当然知っていたのですが、やっぱりどうしてもちびっちゃいころのイメージがつよくて、それでも少クラで見かけると見るたびに「また身長伸びてないか!?」と驚くことも多かった。ハイハイが結成されてからはおー、真ん中で頑張ってるんだなあー・・・と眺めていたのですが、あるとき友達に「瑞稀のダンスがやばい」と聞き「え!?いつのまにそんなことに!??」と思い、ローラーではない普通のダンスパフォーマンスを見てみたら・・・・・・強すぎてひっくり返った。ええ!!???かわいい顔してたイメージしかなかったのになんだこれは・・・・・・動きのひとつひとつがめちゃくちゃに力強いし他を寄せ付けないほどの圧倒的なオーラ。みずきさんがタップを踏むとつよすぎて地球が割れる勢い。子供なんてとんでもない、覇王ですよ、覇王。天下を治める人ですよこれは・・・・。もう瑞稀って呼べなくなってしまった、みずきさん・・・・って呼んでる。みずきさんのハイキックで蹴り殺されるなら本望・・・・・(?)。とにかく子供のころのイメージばっかり持って油断してるとやられる。かわいくて綺麗なお顔は子供のときの面影を残しているのですが、その可愛いお顔が覇王の顔つきに変わる瞬間を先日発見してしまい震えあがったので貼っておきます。。。。

 

でもこんな覇王の風格なのに野菜がたべられないとかずるくない????なにそのかわいくてオイシイ設定。(設定ではありません)

 

橋本涼さん

 

Before→瑞稀の隣にいる中三トリオの可愛い子
After→かっこいい、かっこいい、かっこいい、男前、スーパーフォトジェニック

 

涼さんは中三トリオとしていっつもみずきさんと一緒にローラーでパフォーマンスをしているイメージがつよくて、ハイハイが結成されたときも「この二人はやっぱり一緒なんだな~」と思った記憶があります。しかしみずきさん同様中学生のころのかわいらしいイメージしかなかったのですが・・・・・・・・・・・・え、なにこの男前。もうね、涼さんに関しては「かわいい」なんて出てこないんですよ。16歳にして。動きのひとつひとつだったり、ドル誌の写真やフォトセット、どれを見ても全てが「絵になる」としか言いようがないくらいのスーパーフォトジェニックボーイ。正直なところ涼さんのお顔は全くタイプの系統ではないのですが、何を見ても思わず瞬間的に「かっこいい!!!!!」と叫んでしまいます。そんな唸るほどの男前なかっこよさと、同時にロマンのあるところが素敵だなあと思っていて、情報局で見られるHiHiJETのニューイヤー動画*1のなかで、「取ってみたい資格はありますか?」という問いに対して「宇宙飛行士になる資格が欲しい!宇宙に行って自撮りがしたい!」と回答。え、え、え、なにそのロマンチックな回答~~~~~!??!?!本人はわりとさらりとそう言っているのですが何気にこれすごい回答だなぁ・・・・なんて思います。あと声がかっこいいよね。16歳なのに、そ、そんな甘い声だすなよ。。。。涼さんかっこいい。


でもこんな爆モテオーラしか持ってないのに好きな先輩の話になるととたんに熱心に語りだしてオタク化するとかずるくない!!?!??!?かめなしくんのソロコン行けるといいね。。。。

 

猪狩蒼弥さん

 

Before→猪狩部長、MCがおもしろい、最年少
After→ローラーの妖精、妖艶、でもかわいい

そうやさん!そうやさんはハイハイが結成されたときにしょっちゅうMCレポが回ってきて*2、「猪狩部長ってなんだよ・・・・?」と思いながらもなにやらとにかく喋りが面白い子がハイハイにいるらしいぞー、とそのくらいの知識でした。だからね、お喋りの印象のほうがつよくて、ローラーで滑ってるときがこんなにも妖艶だなんてまったく気付いてなかったよね・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・とにかくローラーさばきが華麗で見ているとうっとりしてしまう。ローラーきっかけでジャニーさんに入っちゃわない?と言われたのなんて知らなかったよ・・・・どうりで・・・・。これ、中学生の子に対して言うのどうかと思うのでフォントちっちゃくしておきますね!!!ダンスがとってもえっちだよ・・・・。どきどきしちゃうよ・・・・。最年少なのに「ほかのみんながひどすぎる」と語彙力を磨いているのも最高。あと、「瑞稀くんの言うことはぜった~~~~い!!」といわんばかりにみずきさんへ絶対的な信頼を寄せているところもかわいい。


でもこんなにしっかりしてて賢くて大人びてるのにクリエに出られなくて悔しくてベッドで泣いたとかいじらしくてずるくない!!?!??!そりゃそうだよね・・・・いくらしっかりしててもまだ14歳なんだもんね・・・・この悔しさをバネに健やかに成長してほしい・・・・。

 

髙橋優斗くん

 

Before→電撃加入した子、らじらーやってる、顔がかっこいい、野球がうまいらしい
After→めちゃくちゃ面白い、頭の回転がはやい、努力家

私はハイハイの遍歴をあまり詳しく知らない(お勉強します・・・)のでいつの間にか気付いたら新しい子いたわ・・・・えっ安井くんとラジオまでやるの!?大抜擢じゃん!くらいのイメージしかありませんでした。でも顔がタイプだったからすぐ覚えた。他のメンバーよりも入所して日が浅いのでパフォーマンスに関してはまだまだ拙さを感じるところもあるけれど、その分ほんの一年前の少クラとか見ると成長っぷりと垢抜け方にびっくりします。メンバーからへタレと言われがちだったり、服装いじられてたり、最年長なのに全員から呼び捨てにされていたり*3といった感じだけれどもそれが愛されてる証拠だなぁ・・・って(盲目)。私はゆうぴーのことをある日突然ひょんなことから超能力集団と共に生きることになったごくごく普通の高校生!みたいに思っている節がある・・・・・ラノベの主人公かな??でも一緒にやっていくのはみんな自分よりも先輩、なのに歳は一番上っていう環境なのに物怖じせず、まっすぐににやっていけるのってなかなかすごいことだと思う。グループの中において普通っぽさ、親しみやすさを持った人って重要なポジションだと思うのでゆうぴーはこのままどうか普通っぽさを持ったまま芸能界を生きていってほしい・・・・・というおたくのわがまま。普通普通言っちゃったけどこんなかっこいい男子高校生そのへんにいないから・・・・・わかってるから・・・・泣

 

ゆうぴーは私からしたらもう知れば知るほど「そんなのあり!?」って全部がずるくて毎日参ってるから存在自体がずるいよ・・・・・ずるいよ・・・・・ゆうぴー付き合ってください・・・・・・。

 


先日クリエの当券に並んでいるときにうしろのほうから「はしみずはベテランって感じだから新鮮さはないよね~」なんて聞こえてきたのですが、「ば、ばかやろう!!!おまえたちそんな気持ちでいたら殺されるぞ・・・・・・・!」などと見知らぬお嬢さんたちの身を心配したのでした(物騒)。いや本当に、ちいさいころの印象ばかり持っていてこのはしみずの強さを見逃していたりしたらものすごく損だなぁ・・・・といまのハイハイに触れて痛いほどにそう思ったので。油断してると!やられるぞ!!!全員つよくてかっこいいからみずきさん、涼さん、そうやさんと呼ぶようになってしまった・・・・・・。ゆうぴーはゆうぴー・・・・・優斗くんって恥ずかしくて呼べない泣泣泣
ハイハイの4人ってほんとうに設定(だから設定じゃないって)がよくできてて、4人のキャラクターのバランスがとってもいいなぁと思うのです。ちょっとマンガっぽいとこある。だれかHiHi学園生徒会の話書いて!??!?

*1:これ4人のキャラ立ちが秀逸すぎて面白すぎて何回も見ている・・・・

*2:これなんのときのだったんだろう・・・・・ジャニワ?あやふやなままの発言ですみません

*3:いちばん後輩なんだからそりゃそうなんだけど

動体視力向上委員会

ゴールデンウィークの思い出は、毎日同じ電車に乗って同じ時間に同じ場所に行って紙切れをもらっていくつかの番号を聞いて、その結果ほんのちょっぴり日焼けをしたことです。

・・・これがあのクリエの当券並びってやつかー!はー!と思いながら、だんだんと並ぶ行為自体が楽しくなってしまってべつに当たってないのに最終日の夜公演の抽選後は妙な達成感すらあった。なんの?wwwまあまあ、観られなかったことはもちろん残念なのですがこればっかりは当日券を当てる運もなく、そもそもチケットも持ってるわけもなく、好きになったタイミングと運の問題なので仕方がない。その分夏に楽しみを取っておこう。というか、実際に見れてないのに連日流れてくるレポがほんとうに楽しくて、それを読んでいるだけでもどんどんハイBへの好き指数が上がるいっぽうだったので我ながらちょろいなぁ・・・・と思いつつ。



ジュニア祭りに行ってから一ヶ月が経とうとしていますがなんかよくわかんないうちに雄登くんからスタートしたらゆうぴーにたどり着いてゆうぴーかっこいいbotになってきたという現状・・・・・・??????あの、ゆうぴーがかっこよすぎるのとハイハイジェットがつよすぎるから仕方ないです。ワタシ、ぴーなす*1、すき・・・・・。



さておき、この連休中レコーダーの整理なんかもしていたらちょいちょい「これ残してあった!!私えらい!!!!」みたいなものがいくつかあって。笑 いちばん私えらい!!と思ったのはヨシノリ先生かな・・・・はしみずゆとちょうかっこいい・・・・・・・・・。あとはセクゾやキンプリがMステに出演したときのものが残っていて、当時バックに誰がついてたかなんてそんなに興味がなかったからまったく覚えてなくて、ちょっとどきどきしながら再生したら「い、いる・・・・!」って感動したり。しかし今までこんなにも真剣に誰かのうしろで踊っている子たちを追ったことがなかったから、すごい勢いで画面にかじりついている自分がなんだか不思議だった。どんなに端だろうと後ろだろうと見切れだろうと、見つけるとすっごーーーーーーーーくうれしくなって、あ、これは初めての感覚だなぁって。しかしいかんせん目が追うのに慣れてなくて、何回も同じところを繰り返し再生したり、一時停止したり、挙句の果てには指示棒がほしいなこれは!?と思ったりもした。一人で見ているというのに。誰に教えるんだよ。それにしても私、動体視力がすこぶる悪いような気がする。修行が足りない。


前にも少し書いたけれども、ジュニアという存在はどうしても危うい存在のように思えてこわかった。でも、画面の端に好きな子を見つけたときのあのときめきと嬉しさを思うとそんなことは言ってられないなと思った。こんなことを思うのは初めてだった。うん、初めて。この気持ちはちょっと、忘れたくない。
東京B少年はとくにいま「バブル」だなんて呼ばれている。誰が見ても推されてる存在だなと思うし、Mステの出演を知ったときは嬉しさと同時にちょっと怖くなった。流行りもの扱いされて、消耗品のように扱われてしまうのではないかという怖さ。もちろん私もそのバブルに乗っかっているうちの一人だ。でも、彼らをけして消耗品だとは思いたくない。アイドルは人間であり、わたしたちと同じようにその人の人生を生きている。そもそも他人の人生は消耗すべきものではない。ゴールデンウィークも、これから来る夏休みだって返上してレッスンやステージに捧げるのであろうことを思うと、真剣なひとにはきちんと真剣に向き合わないといけないな、と思った。


なーんて、重たすぎる、かな。


なにはともあれ、動体視力を鍛えたいなと、連休最終日にぼんやりと思い私のゴールデンウィークは幕を閉じました。




・・・・ブログってこんなとりとめのないことで書いていいものなのかな・・・・;ま、いいか。笑

*1:だぶるゆうと、と呼ぶのがまどろっこしいので勝手にこう呼んでいる

ゆうぴーの恋愛相談回答がすごかったという記録(4/29 らじらー!サタデー)

らじらーのゆうぴーが好きすぎるのでまたらじらーの話。4/29放送分より。

 

「お悩みカフェ」というお悩み相談コーナーに寄せられた恋愛相談へのゆうぴーの回答がそれはそれは大人にも刺さる内容でとっても好きだったので自分でいつでも読めるように文字起こししたいと思います。本当にこれがいい内容だったんだ・・・・。

 

17歳の男の子からの相談。

僕は今一学年年下の後輩に片想いをしています。その子とは仲良く話の波長が合って一緒に話しているととても楽しくなるのです。告白をしたいのですが、してしまったら今までの仲ではなくなってしまいそうで怖いのです。告白しても失敗しても仲が壊れないなにかいい言葉はありませんか?

 

優斗「キツくね!?それは。関係崩さないの難しくない?
謙太郎「これはね~、難しいよね。いや、わかるよ!こういうの!男子の悩みの代表みたいなところあるからね」
優「わかるんだけどさ、これさぁ」
謙「どう?優斗的には。やっぱ恋(の話)は優斗さんじゃん」
優「関係崩さないのは~、たぶんねー不可能だと思う
謙「そうだよね」

即答。まずこの時点で変にぼかしたりせずにズバッと回答するところに素直さと真摯さを感じる・・・・。「崩さないのは不可能!」という誰もがこのお悩みを聞いた時点で頭に浮かんだであろうことをはっきり言ってくれるのがもう・・・・。

 優「もうね、関係を崩す覚悟か一か八かでちゃんと賭けに出ないと・・・その付き合うとかそういう段階に行く権利がないと思うから
謙「おお・・・やっぱ優斗の沁みるんだよな~(笑)でもそういうことだよね、だから要するにシンプルに言うと怖いって言って告白しなくていいの?そのままでっていう」
優「いかにその、確率の高いとこ・・・いちばん高いこの早くてもダメだし遅くてもダメだし、いっちばん確率の高いところをどう自分で見分けて成功させるかが大事だと思う
謙「や、わかる」

覚悟決めて賭けに出ないとうまく行く権利がない~~~~!!!!正論~~~!!!いやこの回答本当にゆうぴーのまっすぐなところ、ズルいことはダメ!という姿勢が見える。そして「確率の高いところを自分で見分けて成功させるか」。これってつまり駆け引きってことですよね~~~・・・恋の駆け引きについて自然に語る17歳・・・・わあ・・・・。

優「関係崩れちゃったら・・・まあけど、どうなんだろうね」
謙「でもさあ、(今が)楽しいって思ってるわけじゃん。告白しなくて今のままでいてもいいのか?っていう。いまTwitter見てるけど、やっぱ女の子の意見とかは割と"行っちゃえー!"ってみたいなのが多いね。意外と!」
優「無責任ですねけっこう
謙「あっはっは!!!!これあのねー、匿名ですからね!(笑)これが現代社会ですからね!」
優「これ闇ですよ、現代社会の闇!(笑)」

リスナーに対して急に「無責任ですね!」と言ってくるこの感じ!wwww好きwwww

謙「でもさっき優斗が言ったとおり、可能性を上げるっていう作業をするのは大事かもね。努力だもんねそれは」
優「いちばんその、行けそうなときに行くのが大事だから。もっと上げようもっと上げようって思って遅すぎるのもよくないし、これだから恋は難しいのよ!!
謙「すっ、すごい!恋は難しい!!そうですね!」
優「だからねー、楽しもうぜ!恋を!この状況自体を楽しんでしまえばもう君はね、勝てるよ
謙「確かに。そのとおりです」
優「だから一回ね、自分で、自分の本能で感じよう!
謙「じゃあね、恋を楽しむっていうワード好きだったから・・・ぜひ恋を楽しんで!!」

す、すごい!!!!!!と安井くんと思わず同じ反応をせざるを得ないこの回答・・・・。駆け引きがあるから恋は難しい、でもそれが楽しい、楽しんだほうが勝ちだ!なんて・・・は~~~~・・・・ここまで頷けるようなコメントされてしまうとゆうぴーほんとに17歳なの??言いたくなってしまう笑 そして最後には「本能で感じよう!」とかまじですごい・・・。こんなにすごいこと言ってるのに番組の最後で「そんなこと言ったっけ?」って忘れてるところがまた最高。笑
そしてこのリスナーさん、今週放送で「うまく行きました!」という報告が・・・!!すごい、実らせている・・・・。

 

ゆうぴーの好きなところはたくさんあるんだけど、そのうちのひとつに清く正しくまっすぐに人と向き合うことをしてきたんだろうなぁ・・・・という部分が見えるところで、まだ17歳といえども周りの人と真摯な向き合い方をしてきたのがうかがえるし、こういうお悩み相談ひとつとっても人に対しての優しさが感じられるところが好き。

 

それにしても今週の青春 Too muchがめちゃくちゃやばかった。ゆうぴーについてだんだん「好き」と「かっこいい」しか言えなくなってきてるんだけど・・・・ゆうぴーかっこいいよーーーーー!!!!!!

らじらー!サタデーにおけるゆうぴーこと髙橋優斗くんがこんなに面白いことをもっと早く知りたかった

なんかラノベみたいなタイトルになってしまったけれどわざとです笑


あのですね、私もともとHiHiだと髙橋優斗くん推しなんですけれども、それは単純に顔が好きだからで(またしても顔・・・)逆に言うとルックス以外の優斗くんの情報ってまったくと言っていいくらいなんにも知らなかったんです。最年長だけど4人の中では一番後輩ということくらいしか知らなかった。
B少年好きになってから自然とHiHiのことも好きになって、あーそういえば優斗くんってらじらーやってたよね・・・一回も聴いたことないからちょっとどんな感じか聴いてみよ~って軽い気持ちで聴いたらちょっと面白すぎて意味がわからない。あの、本当に面白いんです髙橋優斗くん・・・・・。衝撃を受けて今週ずっとらじらーを聴いてしまった。4月の一ヶ月分しか聴いてないんですけど私が衝撃を受けたポイントをとにかく誰かに話したくて仕方ないので勝手に書きます。優斗くんのことをあまり知らないまま衝動に任せて書いているのでなにか失礼があったらごめんなさい・・・・と先に謝っておく。

 

www.nhk.or.jp

 

 一度聞いたら忘れられない笑い声

まず真っ先にびっくりしたのがこれ。とにかく笑い声が特徴的で、なんだろう、文字にするのがすごい難しいんだけど・・・・・・・・「ッツアッヒャッヒャッハッwwww」みたいな感じ?????www今週ずっと「ゆうぴーの笑い声を文字に起こすとなんだろう・・・・」ということについて考えていた。
らじらー聴いてるとまーーーあとにかくよく笑うんですよね、優斗くん。箸が転がってもおかしい年頃かね*1???ってくらい笑うんだけど、あんまりにも楽しそうに笑うからこっちまでつられて笑っちゃうしこの笑い声まじで中毒になる。もーーーーーこの笑い声が本当にかわいい。めちゃくちゃかわいい。ちょうど4/22放送で優斗くんの笑い声に対してのおたよりがあって、「今までは人と(笑い方が)違ったからコンプレックスだったけどそう(笑い方が好きと)言ってもらえると楽しく生きていられます髙橋優斗、ありがとうございます」*2という本人のお言葉・・・・・。好きだよ!笑い方好きだよ!!!ゆうぴーの笑い声聞くとほんと元気でる!!!!!!

 

頭の回転の速さと空気の読み方がすごい

 ジャニーズ大運動会の直前の放送で、運動会で初披露(だから伏せておきたかった)のバトンパフォーマンスについてぽろっと安井くんが

「あれ、優斗(バトン)やってなかったっけ?」

と言ってしまい一瞬沈黙が流れて、安井くんもこの一瞬で「あ、これ言っちゃいけないやつだった?」っぽい雰囲気になるんですよ。・・・・しかし!!次の瞬間!!!

「謙ちゃん・・・・・・・明日、初披露です!ッツヒャッヒャッッヒャwwww」

とちょっと溜めつつふざけて面白く返す優斗くん~~~~~;;;;;;そのあと安井くんも「ごめん・・・」と謝っているのですが笑い飛ばして

「いやいや!いいのよ!別にそんなに隠してたわけじゃないし!!明日しれっとやってるほうがかっこいかなと思って」

って安井くんが気にしないようにとっさに明るく返すこの感じが素晴らしすぎて;;;;もう;;;;優しい;;;これ本当に一瞬の出来事なんですけどこの一瞬での空気の読み方と、どう返したら面白く昇華できるかということを考えた頭の回転の速さと、相手への気遣いを感じた瞬間でした。

 

 むちゃくちゃ度胸がある

「青春 Too much!」というリスナーから送られてきたシチュエーションをもとに即興で一人芝居をするコーナーがあって*3、おーこれはなかなかハードル高いコーナーだな・・・・・と思って聴いていたらす、すごいやりきってる・・・・・・。こういうのシチュエーションお芝居(しかも生放送)ってみんななかなか照れちゃったりして難しいと思うんだけどきちんと自分なりに設定を考えて見事にやりきっててすごいなと。。。しかも安井くんと「先攻後攻どうする?」という流れになったときに即「俺が先攻のほうがいいな!」という思い切りのよさ・・・・。なんと男らしい・・・・・惚れる・・・・・。やったことないことをやらないやりたくない、じゃなくてまずやってみよう!という気概を感じます。

 

基本的にはすごく自然体・・・というかそのへんにいそうな(いないけど)男子高校生といった感じの喋り方でそこがまた可愛い!!!!!そして安井くんとこんなに仲良く話してるなんて全然知らなかったのでものすごくびっくりした・・・・タメ口で話してるんだ!?!?!?っていう・・・・。一年かけてできた空気なんだとは思うけれどもそれにしても本当に仲良さそうでほほえましい♡
思えば今までHiHiって少クラでのパフォーマンスくらいしかきちんと見たことがなくて、たまにトークがあってもだいたい他の3人が喋ることが多かったりするし、喋りのイメージといえば猪狩くんのほうが強いし。たまにジュニアにQとか出ても話す相手が河合くんととっつーだからかそれなりに落ち着いたテンションで話していたのでまさかこんな風に面白い子だとは・・・・・!!!!普段メンバーと話してるときもこういう感じなんだろうな~。ゆうぴーのこと一気に大好きになってしまったのでらじらーはすごいやばいこわい。

*1:これ女の子にしか使わないかw

*2:これ、最後のほうに急にきりっと名前を言うんだけどこのくだりまじで秀逸

*3:22日放送からの新コーナーだったらしい

那須雄登くんのことをいいなと思ったのは

Twitterにつらつら~と書いていたら長くなってしまったので最初からブログに書けばよかった!というわけでブログに書きます。

 


雄登くんにドンガラガッシャーン!!!とすっ転んでからB少年のあれやこれや、さらに相乗効果(?)でHiHiも好きになりHiHiB少年さーーーいこーーーー\(^o^)/と楽しんでいるんですけれども。

正直私は東京B少年を見ていると雄登くんじゃなくて他のメンバーのほうがずっとずっと個性ゆたかだし、見てて面白そうだなーという風に感じたりもして。ダンスや表現力、表情だったら藤井くんのほうが魅力的だなって思うし、浮所くんはスタイルの良さやぐいぐい来るところが素敵だなって思う。男らしくて見ていてときめくなぁと思うのは大昇くんだし、龍我くんはいるだけですっと目を引くような存在感がある。
誤解を恐れずに書くと、雄登くんってビジュアルがすっごく良いけれども、「個性的なアイドル」という視点で見るとたぶんそんなに面白くないと思うのね。笑 なんでもそつなくこなしてしまいそうな雰囲気を持っているし、めちゃくちゃ真面目だし、かといって天才肌というわけではなさそう。勝手なイメージなんだけれども、なんでもぱっとできる人というよりはコツコツ自分にできることを頑張る努力の人なんだろうなと思う。ほんのすこし少クラを遡っただけでもびっくりするくらいダンスが上達していたり余裕が出来てきてるのはそういうことなんだろうな。でもそういう部分ってぱっと見ただけだと伝わりづらいもので、だから見た目のファーストインパクトが凄くてもそこからあれっ?ってなる可能性がすごく高い。というか、興味を持ってもらえるかビジュアルだけで終わるかが紙一重なんじゃないかな。

でも私はそういう真面目さであったり努力が見えるところがすっごくいいな、魅力的だな、面白い子だなと思ってしまった。私の場合顔がものすごく好きだったという贔屓目もあるんだけれども、でも結果的に顔が好き!っていうだけじゃない魅力的な部分を感じた。
だから今のこのたくさんの人が「那須くんって子かっこいいね」と言っている中で、もう一歩踏み込んで「この子は顔がかっこいいだけじゃないんだな」って思ってくれる人がたくさんいるといいなぁーって思った。
「真面目」ってアイドルにおいてはすごくつまらないものになってしまう可能性があるんだけれども、でも雄登くんならその真面目さと努力を武器にできるはず!って考えただけですごくわくわくしてしまう!!

お前も好きになったばっかりなのに何を言っているんだ!という感じなんだけれども、自分が実際にそうだったから…だからたくさんの人がもう一歩踏み込んで雄登くんのいいところに気がついてくれたらいいなと思った。
B少年全員かっこいいなー、魅力的だなー、と思うけれどもやっぱり雄登くんがいちばんかっこいい!と思うし、私が実際に雄登くんのことを見て直感で好き!と思った理由ってこういうことなんだなって。


君だーーーーーー!!!と誰かを好きになった時って本当にすごく楽しくて、こうして書いてるとやっぱり雄登くん好きだな!好きになってよかったなって思えるーー!!

はじめましてこんにちは

お、顔が好みの子がいるなーって思ったの。そのグループをいつどうやって認識したかは覚えていなかったけれども、新しいグループがまたできたんだね、子供かー。どれどれ、この中だったらこの子の顔が好きだな!って思ったんだけど、いかんせんそこまで興味がないからその子の名前がなっかなか覚えられなくていっつもあれ、何くんだっけ?ってなって、そんな感じ。


それからしばらく経って、ジャニーズJr.祭りの話題が聞こえてきた。私はとくに熱心に応援してるジュニアの子がいなかったから、テンションの上がってる友達を見て楽しそうだねいいな~って思ってた程度だった。でも、たまたま目にしたフォトセットの画像を見てめちゃくちゃめちゃくちゃめっちゃくちゃびっくりした。ドンガラガッシャーーーーーーーン!!!!!!!ってなんか落っこちてきた音が聞こえてきた。なんの音か知らないけれど。


f:id:ichigo_toufu:20170412125558j:plain

!!??!???!??!?!?!???は!?!?!??!?なにこれ超かっこいい・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・かっこいい・・・・・・・・・え!????
こんなにも私の好みの顔が存在してもいいの????なにこれ二次元の世界???それとも私好みの完璧な顔の人が現れないかなっていう願望がいつの間にか具現化されてしまった???そんな都合のいい世界ある?????

いやいやちょっと待ってくれ。確かに前に見たぞ。前に見た。東京B少年の那須雄登くん。新しいグループに顔が好きな子がいるなと思った。でもここまでかっこよかったっけ?????ええええええええそんな馬鹿な。いやいやそんな、と思いながらも慌てて祭りに行く友達に連絡を入れた。那須雄登くんのフォトセットを買って来てくれないか」って。いやびっくりした。フォトセットを買って来てほしいと速やかに頼みごとをしていた自分にもびっくりしたけれど、それ以上にこんなにも好みの顔の子が現れてしまったという事実のほうに何倍もびっくりした。こんなに私好みの顔って存在していいのかな??びっくりだ。でもこれは、あまりにも顔が好きすぎるから顔が好きってだけでとどめておきたいなーと思ったの。私は那須くんのことを何も知らない。いくら顔が好きだからといってもパフォーマンスだったり雰囲気だったりキャラだったり・・・・顔以外のところが好きかどうかはわからないし、だったらこれ以上知って「やっぱりちょっと違ったな」ってがっかりするよりは「顔が好き!」だけで終わらせるのがいいんじゃないか。写真を眺めるだけでいいじゃないか。。。


と、思ってた。たまアリに行くまでは。

そう、4月2週目の週末。私は暇だったのだ。あんまりにも暇だったものだから、チケットを譲ってもらうと言っていた初めてジュニアを見ます!という友達に便乗してほいほい祭りに行くことにした。熱心に応援してるジュニアの子は特ににいないとは言え、出演グループのメンバーは全員わかる程度の知識はあった。や、東京B少年だけちょっと顔と名前が一致してなかったwだから「え~~どの子見ようかな・・・・」なんて呑気におのぼりさん、社会見学気分でいた。それなのに、


始まったらもう雄登くんしか見えなかったよね\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/


雄登くんが出てるときはずっと雄登くんのこと追ってたし、そんな自分に不思議と驚きはなかった。ごくごく自然に、かつ夢中で追ってしまってワクワクとドキドキが止まらなかった。子供じゃん!って思ってたし確かに幼さはあるんだけれど、でも、でも、も~~~~~~~~かっこよすぎてそんなの気にならないwwwwwwwえ!?15歳最高じゃない!????夢と希望に満ち溢れた15歳最高じゃない!?????と、ころっと手のひらを返してしまった私。「顔が好きだけにとどめておきたい」とか言ってたくせに公演が終わる頃には「顔だけ好き!ってことにならなくてよかった~~~~;;;;;;;」とか言ってた。勝手極まりない。雄登くんがかっこよすぎた結果だからどうか許してほしい。
顔がめちゃくちゃに好みだったのはもちろんなんだけれども、佇まいとか、拙いながらも一生懸命なダンスとか、賢そうな喋り方とか、それでいてまだ表情にそこまで余裕がないところとか・・・・・言葉ではうまく言えないんだけれどもとにかく一目見た瞬間に「あっ好き!」って感じてずっと追ってしまった。お前もか・・・・と言われそうだけれどもBYAKUYAとカモナマイハウスでぎゃあああああああああああああああって絶叫してしまって後ろにいた子たちに爆笑されてしまった。ごめんね・・・・・雄登くんがかっこよすぎたんだごめんね・・・・・うるさくしてごめん・・・・wwwww祭りBYAKUYA出の那須担は永遠の新規って言われそうなくらいあれはすごかったし私もその場で倒れるかと思った。恐ろしい・・・・。でも自分でぎゃああああああああって言ってたから会場のどよめきがどれくらい大きかったのかはわかっていませんw好きになっちゃう!どうしよう!とかじゃなくてもう完全に好きです大好きですありがとうございました。顔が好き、から入ってここまですんなりなんの抵抗もなくするっと好きになれるとすごく気持ちがいいです。那須雄登くんかっこいい・・・・・・ハァ・・・・・


今までどうしてもジュニアを応援するのって抵抗があって、未来を約束されてるわけじゃなくいつ目の前からいなくなってもおかしくないような子を応援するのってやっぱり少し怖いなってずっと思ってた。でもそうじゃなくて、未来を約束されているわけじゃないからこそ今を応援しなくちゃだめなんだ!って思った。それは雄登くんや東京B少年だけじゃなくてすべてのジュニアに言えること。正直、しょーーーーーじきね、東京B少年もいつ知らないうちに解体されたりなかったことにされていたり誰かが辞めたりするのかはわからない。私のこの熱もいつまで続くかなんてわからない。でもだからこそ今!今見ておかないと!だめ!!!!なくなるかもしれないものに怯えるよりも今あるものをしっかり見て応援するほうがずっといい。
そしてお前の私情なんざどうでもいいって感じなんだけど、ここのところずっと私生活で心の乱れがあってつらいな~~~~~って毎日泣いてたようなところにこのきらっきらのぴゅあっぴゅあなアイドルを見てしまったものだから、「アイドルって輝いてる・・・・・・」って思ってなんだか心が浄化されたような気持ちになった。いやちょっと見てて泣いたよね・・・・・;;;;あ~~~アイドルっていいな、15歳っていいな、夢と可能性に溢れてるな・・・・ってその眩しさに救われた。15歳、って聞くとある程度おとなの自分からしたらそんな歳のアイドルを応援するなんてやっぱりちょっと抵抗あるなって今まで思ってたけれど、好きになったらそんなの関係ないし気にしてるほうがもったいないなって思った!そんなの気にしていまの輝きを見逃してたらもったいない。雄登くんを見ているとすっごくワクワクするし、まるで自分がJCになったかのようなときめきを感じる・・・・。JCになって雄登くんと放課後デートして勉強を教えてもらいたい人生だった。ハ~~~~~楽しいな!アイドル見てて楽しいってすごくシンプルでいいものだな!!


そんなわけで、まだなーーーーんにも知らないし先の未来のことなんてわからないけれど那須雄登くんと東京B少年を応援したいなと決めました。いま慌てて過去の少クラとかドル誌とか一生懸命見返してる最中なんだけど目に入ってくる雄登くん全部かっこいいから困ってます・・・・・・はあかっこいい・・・・・・。